オフィス

快適な暮らしをするために

横浜で不動産を選ぶ時、外観と店内の雰囲気をチェックします。その後、社名をネットで検索し、その会社のサイトを見るようにしてください。検索結果に出ない場合は社名と横浜で検索しましょう。更新がきちんとされているかを確認し、問い合わせの返事は遅くても二日以内に返ってくる所を選んでください。

男女

マンション購入において

東京は人口増加率も高く住居の需要もあるため、若い内にマンション購入を検討するのも良い選択です。中古マンションを購入すれば、資金面の負担も軽減できますしそれが選ばれる理由の一つでしょう。実績のある不動産業者利用で、売却や賃貸利用も視野に入れた購入を検討すると良いです。

売却の豆知識

集合住宅

売却で必要な諸経費

マンション売却をするときには、何かと諸経費がかかります。売却価格だけを考えず、諸経費のことを計算しておくことが大切です。マンション売却で一番高くつくのが「仲介手数料」です。仲介手数料は、売却したマンションの価格によって左右されます。400万円を超えるマンションを売却した場合は、3%+6万円+消費税の仲介手数料がかかるのが一般的です。豊中市のマンションの多くが400万円以上するので、豊中市でマンション売却をする場合は、だいたい3%程度の仲介手数料がかかると覚えておいたほうが良いです。まだマンションのローンの支払いが残っている場合は、「抵当権抹消費用」が必要です。また、マンションのオーナーを買い主に移すにあたっては、所有権を移す手続きも必要です。さらに登録免許税の支払いがあります。これらの手続きは個人でするのは難しいので、司法書士に依頼してまとめてしてもらうのが一般的です。その場合は、司法書士への依頼料も別に発生します。めったにありませんが、マンション売却で利益を得ることもあります。利益を得た場合には「所得税」が発生します。所得税は設けた分の金額にかかります。例えば豊中市のマンションを2000万円で購入して2200万円で売却した場合は、200万円の利益に所得税がかかることになります。また、売買契約書作成にあたっては、印紙税がかかります。豊中市のマンションであれば、印紙税は1万5千円程度が相場です。

間取り

職場が異なっても問題なし

定住生活を送りたい若い世代の人にとって新築が多い越谷は魅力的です。各方面へのアクセスが良いのは共働きが増えている事情を想定してのことであり、夫婦や家族での暮らしをするのに適した不動産が多いのがメリットでしょう。